Offres d'emplois
求人情報

Facebookをフォロー

Nouveauté - Domaine Etienne Simonis
アルザスより新商品
ドメーヌ・エティエンヌ・シモニス

2017年1月、ビオワインの展示会ミレジム・ビオで初めて出会ったカティアとエティエンヌのドメーヌ・シモニス。アルザスの若手ホープとして多くの生産者から期待されるドメーヌです。コルマールの北、アメルシュヴィール村(Ammerschiwihr)で17世紀からブドウ栽培を行ってきた家系で現在7ヘクタールの畑を所有、2011年にビオディナミに認定されました。アメルシュヴィールと言えば2007年に正式に認定された最新のアルザス・グラン・クリュ、ケッフェルコフが代表的な畑で、多くのワイン評論家も高く評価するグラン・クリュです。
3代目のエティエンヌは1996年、20歳の時に父ルネからドメーヌを受け継ぎビオディナミを試験的に取り入れた品質重視のワイン造りをスタート。この農法に興味を持ったきっかけは、彼が17歳の頃。ボーヌの学校で知り合ったドメーヌ・ルフレーヴの従業員の息子と知り合い、彼の自宅に行ってビオディナミが実際どんなものなのか見せてもらったこと。農薬や除草剤を使う従来型の農法に疑問を持ち続けていたエティエンヌには衝撃的な出会いだったのです。そしてビオディナミのコンサルタントとして世界的に引っ張りだこのピエール・マッソンから直接指導を受けました。ここは年間550ミリとアルザスでも特に雨が少なく暑い場所で、7.23ヘクタールの畑の大半は花崗岩質土壌、平均樹齢は約40年と高めで、古いものでは60年にもなります。畑での仕事は他のビオディナミのドメーヌとほとんど変わらぬ手法を取ります。カーヴには1950年から使用するフードル(大樽)、ステンレスタンクと228Lのオーク樽があり、天然酵母のみ、ごくわずかな量の亜硫酸を用い自然に醸造、熟成を進めその間添加物を加えることも、補糖もしません。私たちのアルザスのもう一つのパートナーであるドメーヌ・ローヴ同様、所有畑の一つ一つが小さいためそれぞれのキュヴェの生産量はごくわずか、近年のアルザスもほかの地域同様、収穫量の減少に悩まされてきましたが、2016年はそれでもまだある程度の収穫量が確保できた年。雨の多い春でベト病の被害もありましたが後半の天候に恵まれブドウの成熟をじっくりと待ちました。エティエンヌは他の生産者に比べてより成熟を待って収穫しますが、2016年は2015年に比べ一般的に残糖分が少なめでドライ、アロマの豊かさがしっかりと感じられる秀逸なヴィンテージとなりました。
★今回初輸入したのはドメーヌの基本となるスタンダードなセパージュシリーズ、そしてクレマンとグラン・クリュ・ケッフェルコフ。すべてデメテール認証のビオワインです。
商品のページへ

インポーターのディス・エクスポール ジャポン トップページ
その土地をこよなく愛する生産者の熱い思いを大切に「de la vigne au verre...」(ブドウ畑からワインがグラスに注がれるまで)私たちは皆様にお伝えしていきます。

Nouvelles / News

2018.9.13 10月9日(火)アルザス&ローヌ試飲商談会に出展します
2018.9.5 Dis-Export秋の試飲会10/15(月)開催!
2018.8.1 リヴ・ブランクのワインがデキャンター誌が選ぶラングドックの白NO.1に選出!
2018.7.25 夏季休業日のお知らせ 8/13(月)、14(火)休業いたします
2018.5.28 6月7日(木)ブルゴーニュワイン試飲会に出展します
2018.5.1 新商品アルザス ドメーヌ・エティエンヌ・シモニス
2018.2.1 Dis-Export春の大試飲会3.26(月)開催!
2017.11.1 大越基裕氏によるワインセミナー第2回目決定!
2017.10.1 ラングドック&アルザス・ローヌ試飲会に出展します
2017.9.1 Dis-Export秋の大試飲会9.11(月)開催!
2017.7.3 7月の新入荷!ロワールの自然派ドメーヌから新商品入荷しました
2017.6.2 ワインテイスター大越基裕氏によるセミナー 第一回目開催決定!
【求人情報】
ディス・エクスポールでは営業職の求人を行っています。フランスワインの営業経験がおありで、幅広い視野をお持ちの方のご応募をお待ちしております。履歴書と職務経歴書に志望動機を添え、ご送付ください。