ラングドック・ルシヨンで2016年初の収穫スタート

2016/08/31

今年もラングドック・ルシヨンで初となるミュスカの収穫がスタートしました。一番手は昨年同様、フィトゥーのローラン・メナディエ(シャン・デ・スール)です。何よりもフレッシュ感を白ワインに求めるローランは糖度・酸度・アロマのバランスを見極め、潜在アルコール11~11.5%で収穫。暑かった2015年に比べ5日遅く8月12日にスタートしましたが、近隣の生産者は8月中旬からのスタートのようです。水不足による影響で40-45hl/haほどの収量を予想していたもの、実際は35hl/ha程になりました。「それでも潟と海に近いこの区画は(海からの湿気があり)そこまでひどい水不足には陥っていない」とローラン。状況が厳しいのはグルナッシュで、冬から春の雨が少なかったこと、さらには開花がうまくいかず、北風と突然の暑さが花ぶるいと結実不良を招いてしまったことで、収穫量は40%減少の見込みです。
シャン・デ・スールは現在ビオロジックに転換中です。

CdS muscat 2016

こちらも地中海からほど近いカネ・アン・ルシヨンのドメーヌ、マス・ボーは8月中旬にミュスカの収穫をスタート。「暑く、トラモンタンヌ(この地域特有の北西から吹き付ける風)のなか、水不足に悩まされながらの収穫ですが、シャトーヌフのようなごろごろとした石(↓写真)が湿気を保ってくれており、他の生産者に比べまだ恵まれている」とのこと。一方、グルナッシュの収穫も控えていますがこちらも昨年よりも遅く、水不足と春の花ぶるいにより収穫量はどちらのドメーヌも残念ながら40%ほど減少する見込みです。

Mas Baux muscat 2016