320日の日照 2013ヴィンテージのラングドック

2016/09/02

320 jours de soleil dans Languedoc en 2013!

多くの生産地で一年を通して涼しく、雨がちの天候に悩まされたフランスにおいて、程度の差こそあれ質量ともに安定した場所がラングドック・ルシヨンです。ローヌ地方同様、寒く雨の多い天気が続き、2~3週間遅く6月半ばにようやく開花を迎えました。ゆっくりとブドウが熟し、9月から10月にかけて収穫時の暑さのおかげでしっかりと熟したブドウを収穫することができました。
一方、昔から栽培をしている古い生産者にとっては、温暖化によってブドウの成長サイクルが早く進んできた30年間から、昔に戻っただけだと話す人もいます。また、前半の降雨量のおかげで畑はしっかりと水を貯えることができ、近年生産者を悩ませ続けてきた深刻な水不足の影響も少なかったため、バランスの良いワインが多いというのも事実です。

2013年ラングドックのキーワード:
★日照:320日
★風:220日(主に北風)
★雨:春に雨が多く、6月から10月にかけては少雨だった
→ラングドック・ルシヨンはフランスで唯一、前年に比べ収穫量が上がった産地

320 jours de soleil 2013

良いヴィンテージと言っても、ブドウの熟度の見極めが重要なヴィンテージだったため、生産者によって意見はまちまち。生産者の力量が本当に試された年。良いワインには「風味の豊かさ、そしてピュアな果実感とみずみずしい酸」が表現されています。

今回、ラングドックの西と東、コルビエールとピック・サン・ルーの2人の生産者の2013ヴィンテージの見解を尋ねてみました。どちらもナチュラルな栽培を行いビオワインを生産する真面目な生産者。他の生産者に比べ、ワインにはヴィンテージの特徴がより感じ取れます。

● ソフィー・ギロドン “厳格な選別が成功の秘訣” (クロ・ド・ラネル / コルビエール)
“ブドウの成熟にとても時間がかかった2013年、ブドウの成熟度合いをしっかりと見極める力はもちろん必要だったけれど、畑は湿気が多く気温も上がり、ブドウにボトリティス菌が付く前に急いで収穫をしなければならなかった。たくさんブドウを選別した結果、30%の収量減となりました” 樽を一切使用せず造るソフィーのワインは驚くまでに純粋な果実味がありますが、丹念な畑仕事と特に2013年は厳格な選別が成功の要因となったようです。

● ピエール・ラヴァイユ “凝縮感ときれいな酸” (エルミタージュ・デュ・ピック・サン・ルー / ピック・サン・ルー)
“日照に恵まれた年、ピック・サン・ルーらしい昼夜の寒暖差が大きく、ワインには凝縮した美しい果実味とともにきれいな酸が備わっていて、時間と共に表現が増してゆく”                
赤ワイン同様、白ワインにも感じ取れる爽やかで表現力豊かな果実味。2013年は北ローヌ生まれの品種、シラーやヴィオニエ、ルーサンヌ、そしてマルサンヌも水不足による影響が少なく、みずみずしく豊かな味わいになりました。

*** 
2014年春、トラクターでの作業中に亡くなったサン・シニアンのドメーヌ、ボリー・ラ・ヴィタレルのジャン・フランソワが瓶詰まで手掛けたラスト・ヴィンテージも2013でした。
普段より約2週間遅れ9月16日に始まった収穫。1980年代を想起させるような気候で、フレッシュで複雑味が既に感じられ長期熟成型のワインだよとジャン・フランソワが語っていた通り、彼のワインには果実の凝縮した甘さがありながらも、みずみずしい酸が存在しています。一方、開花時の寒さが影響しグルナッシュは花ぶるいが起き、特にシスト土壌ではグルナッシュの収穫量が半分以下になってしまいました。しかしながら彼は、石灰質のテール・ブランシュや粘土珪土質の層にゴロゴロとした石の広がるレ・クレ、そして新しい白ワイン、ル・グラン・マイヨールのテロワールから生まれた2013ヴィンテージらしい”並外れたフレッシュ感と滑らかな果実感”にとても喜んでいました。