2016収穫情報 Mas Cal Demoura

2017/06/30

Mas Cal Demoura マス カル デムラ (Terrasses du Larzac)

イザベルとヴァンサン・グマールがマス・カル・デムラのワインを手掛けてから13回目となる2016年は挑戦の連続でした。
①3か月間雨が降らなかった:暖かく湿った冬と雨がちの春の影響で開花が早進みました。しかし夏は大変なもので7月半ばから9月中旬まで殆ど雨が降らず大変乾燥したのですが、幸運なのは夜間の涼しさがバランスのワインに欠かせない酸を賦与してくれたことです。
②3か月におよんだ収穫:8月22日、白ワイン用の品種からスタート。水不足の影響でブドウの成熟が早まり通常6週間かかるところを3週間で90%のブドウを収穫、殆ど休みなく収穫を続けました。
③タンク3つ分減:乾燥でブドウは大変健全、選果に時間を取られることなく収穫できたものの、水不足と春の寒さで花ぶるいが起き収穫量はマイナス22%減、畑によっては歴史的に少ない1ヘクタール当たり10ヘクトリットルという区画もありました。
(グルナッシュは特に減少した一方で、サンソーは通常の収穫量が確保できました)

畑では新しい記録が出来ました。春は草が見る見るうちに生えてしまい、その殆どを鋤で刈り取ったり、乾燥によって不均一についたブドウの実を調整するなど2015年に比べ50%以上も畑仕事に時間を取られたほか、新たに白用の品種も植樹しました。

終わってみればこの2016年は2010年のようなポテンシャルを備えていると感じています。乾燥によって開花から収穫までの期間が短くなったうえ、ブドウ自体も凝縮度が生まれビオロジックでの栽培のおかげで2010年よりも上品で焦点の定まった味わいで、これは私たちの今までの経験の積み重ねに起因するとも言えます。