Domaine Daniel Crochet訪問 2016.7月

2016/12/09

寒く不安定な天候も、7月後半に入って日差しが痛いほどの暑さに見舞われるようになってきました。
ドメーヌ・ダニエル・クロシェはサンセールのビュエ(Bué)にあるドメーヌです。クロシェが付く名前はビュエの村にもいくつかあり、世界的に有名なフランソワ・クロシェはダニエルのお父さんのいとこにあたります。
彼が1996年にドメーヌを継ぎ、最近から頭角を現してきたこのドメーヌはフランスの専門誌ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス2014年度版でロワールの表紙を飾りました。世界最優秀ソムリエ、オリヴィエ・プシエは彼のワインに大きな注目を寄せており彼のワインを好んで良く飲み、アドバイスをくれることもしばしばあるのだそうです。
親類から借りている畑も含め所有する30の区画は合計10ha、ビュエだけではなくサンセール、シャヴィニョルに広がっており、テール・ブランシュと呼ばれる粘土石灰質土壌、そしてカイヨットと呼ばれる石がゴロゴロと転がる区画から構成されています。

今年、他のワイン産地と同じく春の霜、ベト病の被害がありますが甚大な被害には至っておらず「他の地域よりは恵まれている方だわ」と妻のヴェロニク。花ぶるいや結実不良などでやはり収穫量は多くはなさそうです。雨が多かったせいで草がたくさん生えてきて、除草作業に時間を取られてしまっています。ダニエルは除草剤を使わず、樹勢を抑える目的で草を生やす草生栽培を行っていますが、土が深い場所では草と根の”競争状態”を作り出しより深くまでブドウの根を張らせるため草を残します。一方、カイヨットなど表土が薄い場所では草を抜き取ってしまいます。

ドメーヌの誇りともいえる、サンセールでも特に有名な2つの区画に案内してもらいました。

プラント・デ・プレ (Planté des Près)・・・”グリオット”と呼ばれる粘土石灰質の畑。南向きの斜面になっており表土がとても薄い場所で、ここには1958年に植えられた古木があります。石灰の割合がとても多いため、ワインはとてもミネラリーで繊細、テロワールがしっかりと反映されます。1958年に植えられたヴィエイユ・ヴィーニュを含む0.27ヘクタール。ややきつい傾斜ですが、難なくトラクターを通せるよとダニエル。粘土石灰質(テール・ブランシュ)からは骨格のしっかりした長期熟成型のワインが出来上がると一般的に言われます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シェーヌ・マルシャン (Chêne Marchand)・・・サンセールを代表する畑で、ダニエルによれば25人の生産者が畑を所有しているのだそうです。写真のとおり、石がびっしりと敷き詰められた土壌。ここに3つの区画を所有していますが、キュヴェ・シェーヌ・マルシャンには樹齢が50年にもなる一番高樹齢のものを使用、また若いソーヴィニョンはキュヴェ・トラディションに、樹齢40年ほどのブドウはキュヴェ・プレスティージュに使われます。この石が転がるカイヨットの土壌からはアロマ豊かでフルーティー、比較的早くから開きやすいワインになると言われます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

*その他の畑
醸造所のすぐ隣の畑。キュヴェ・トラディションに使われるソーヴィニョン・ブランの畑(Venoizeと呼ばれる区画)。テールブランシュの畑ですが粘土が多く土が深いため、草がのこされています。春の寒さで結実不良を起こしているブドウが多く見られます。

ビュエでもサンセールにより近い場所(Les Dis Saulesと呼ばれる区画)。ピノ・ノワールとソーヴィニョン・ブランがあります。こちらもテール・ブランシュで粘土分は高めです。均等にブドウが付いていて大変きれいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニエルは、日が昇る方向のみ除葉し、西日が当たる方は葉を残すことでブドウが焼けてしまうのを防ぎます。また写真のように枝を長く剪定し、ブドウの実を落として間隔を広くとります。この方法は通常よりも時間のかかる作業ですが、防カビ剤や農薬を使わない栽培方法を取る限りは、空気が通り抜ける環境を造り出すことが大事なのです。

次のレポート、テイスティングへ続きます。

Domaine Françoise et Denis Clair訪問 2016.7月

2016/09/02

もともとはサントネで何世代にも渡りブドウを栽培してきましたが、生産量の全てをネゴシアンに売って生計を立ててきたクレール家。ジュヴレ・シャンベルタンのブリュノ・クレールとは親戚関係にあります。
今年の春、旅行先のシチリアで発作が起き突然この世を去った愛すべきドニ・クレール、1986年に彼がドメーヌ元詰をスタート。低温浸漬による醸造を行った初めてのドメーヌのうちの一つとしても知られ、かつてのような重たいタンニンで粗野な味わいとは一線を画し、丸いフルーツ感のある彼のサントネは高く評価されてきました。

息子のジャン・バティストはドニの後を継ぎサントネのみならず、1995年に母フランソワーズの側から受け継いだサントーバンの畑からクリアな白ワインを造っています。
現在ドメーヌはサントネを主体に65%のピノ・ノワールと、白はサン・トーバンを主体に35%のシャルドネを生産しており、2、3年前からはジャン・バティストが赤も白も手掛けています。
「父はわりとおおざっぱだったから、フィーリングで赤ワインを造っていたところもある、でも白ワインは大変に正確な作業が必要とされるからそんなわけにはいかないよ!」
奥様がアルザス出身ということもあり、アルザスそしてそのワインをこよなく愛する彼、そのフレッシュで純粋な果実の味わいを持つワインが大好きなのだそう。
そしてブルゴーニュの2013年のようなクリアな果実感のある爽やかな味わいを好んでいます。

「サントネは霧が発生しやすく霜をよける役割を果たすので、今年の春の霜害による被害は少ない方だよ。ただサントーバンは大きく影響があって、プルミエ・クリュのダン・ド・シアンなどでは30%ほど被害が出ているけれど、隣のアン・ルミリーでは殆ど被害がない、つまり場所によって様相が全く異なるんだ。
雨が多かったせいで、灰色カビ病の被害が出ているため銅の薬剤を主体に畑に散布している。ビオのドメーヌは病気の被害で収穫量の30-40%を失っている、僕らも出来る限りナチュラルに栽培するよう心掛けているけれど多少の農薬を使うことは必要なヴィンテージだね」

クレールのワインは、アメリカでも人気が高く、世界的に注目されている暑さがもたらしたリッチな2015年についてどう思うか、尋ねてみました。
「2015は赤の偉大な年だと思っているけれど白はややtoo muchな印象、ちょっと重過ぎるかもしれない。一方で2014の赤と白はどちらも大変バランスが良いと思う」

– Saint Aubin Blanc 2014
客先からの人気が増えたので、En Vermarain à l’Estのアリゴテを引き抜き今年シャルドネを植えました。将来的には2つの区画のブレンドになります。これまでは4樽ほどしかなかった生産量も増える予定です。サントーバンらしい澄みきったフルーツ感と伸びやかな酸。

– Saint Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien 2014
サントーバンを一躍有名にしたクリュ、シュヴァリエ・モンラッシェから伸びる小道を上った場所にある石だらけで表土の薄いテロワール。サントーバン最高の白と称えられる通り、ミネラル豊かで逞しい白。2014年らしい滑らかな果肉感。クレールの畑は樹齢60年を超えるものもあり、一層深みがあります。
お父さんの代では赤白それぞれ一つずつの樽業者と契約していましたが、ジャン・バティストは各ワインに合わせて樽を選択しています。彼の白ワインにはフランソワ・フレールの樽が一番合うとのこと。また赤白共にメルキュレの樽も使用し、色々な樽業者を使うことで複雑味を出します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ ダン・ド・シアンの畑。文字通り鋭い「犬の歯」のような石が一面にゴロゴロと転がります。

– Saint Aubin Rouge sur le Sentier du Clou 2014
サントーバンでもピノ・ノワールとシャルドネが両方造られる場所。ジャン・バティスト曰くどちらかといえば赤向きのテロワール。2014年らしくチャーミングで、丸みのあるピュアなフルーツ感と爽やかな余韻。

– Santenay 1er Cru Clos des Mouches 2014
1.57haのみの小さなアペラシオン。石壁(クロ)に囲まれた早熟な畑、3分の1は樹齢60年を超えますが、スパイシーでよりタニックなClos de la CommeやTavannesよりも早くから花開きチャーミングな個性を持ちます。2014年はさらにその柔らかさが全面に出た味わいです。新樽比率は10%~15%程。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ クロ・デ・ムーシュの畑。的確な畑仕事のおかげで、ブドウがしっかりと実をつけています。

ダン・ド・シアンの畑で(右=ジャン・バティスト・クレール)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Domaine Taupenot-Merme訪問 2016.7月

2016/08/09

Domaine Taupenot-Merme (Morey-Saint-Denis)

ブルゴーニュを襲った歴史的な春の霜害はトプノ・メルムの区画にも影響が及んでいました。本拠地のモレ・サン・ドニは被害が少なかったものの、ジュヴレ・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニーに所有する区画は大きな損失となっています。
「普段は村単位での被害だったり、もしくは標高の低い場所に被害が及ぶのだけれど、今年はブルゴーニュ全体が標高の高い場所も含め霜にあたってしまったという点で、被害を受けた地域の大きさには皆驚いている」とヴィルジニー・トプノ。
春から初夏にかけて雨がちの天候が続き、畑には灰色カビ病が拡大。2001年から農薬を一切使用しないビオロジック栽培を貫いてきたものの、今年はそれ以来初めて農薬の使用に踏み切らずを得ませんでした。多くの生産者がこの病気について「今までに見たこともないほどの酷さ」と語るように、ビオを実践している多くの生産者が今年、ビオを止めざるを得ない状況に陥っています。

8月に入り天候も回復し、順調にブドウが成熟しているとのことですが今年の収穫量は僅かなものになりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
特級ミュジニーの隣、シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ ラ・コンブ・ドルヴォーの畑 
– 数本の木にようやく1,2個の房が確認できるという厳しい状況(80%の損失)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ ラ・リオットの畑 (40%の損失)
– 1本の木にいくつか房が付いており、こちらは被害が少なめ
雨が多いため、畑を耕しても草がすぐに生えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

樽で熟成中の2015年と、瓶詰めされた2014年を試飲しました。

暑く乾燥した2015年は早熟なヴィンテージのため、9月8日から収穫をスタート。「豊かな味わいのヴィンテージ」とヴィルジニーが表現するように、どのワインもテロワールの個性を表しながら肉付きの良い果実感があります。
2014年は、暖かな春に続いた涼しい夏、9月に訪れた暑さがブドウの成熟を促し9月17日に収穫が始まりました。今では秀逸なヴィンテージとして評価される2014年、ヴィルジニーは「ジューシーでグルマンなヴィンテージ」と表現、純粋で清らかな果実感と美しい酸の伸びがありクラシックなブルゴーニュの良さが感じられます。

どのワインも素晴らしいのですが、モレ・サン・ドニ、ラ・コンブ・ドルヴォー(シャンボール1er)、レ・プリュリエ(ニュイ・サン・ジョルジュ1er)、マゾワイエール・シャンベルタンには凝縮したフルーツ感があります。彼女によれば、これらの区画のブドウは結実不良を起こしやすいため常にギュッとつまった果実の味わいが感じられるのです。
モレ・サン・ドニの官能的にすら感じる濃密で引き締まった味わいは、シャンボールやジュヴレに決して引けをとりません。ドメーヌでまず売り切れになるものは、まずモレ・サン・ドニからなのだそうです。

以前にも増して感じられる品の良さは、どこから来るのかヴィルジニーに尋ねてみました。
「ビオロジックによる栽培を続けてきたことで、ブドウの品質が向上していること、そして畑仕事もより綿密に行っているから」と彼女。
また、選果の質を高めるため収穫後の選果に微振動選果台を導入したことも更なる品質の向上に一役買っています。

2015.7.27 Domaine Delesvaux訪問 テイスティング

2015/08/28

テイスティングさせてもらったのは新しいヴィンテージ2013と2014。

「2014年は、やっと望んでいたものが出来た。何と言っても沢山の日照があったから。それとは逆に、2012、2013年は日照にかけてしまっていた。
私たちは常に良いブドウしか収穫しないから、基準に満たないブドウは畑に残すという選択をするの。
2012年はカベルネ・フランを一部畑に残さざるを得なかったし、2012、そして2013年のシュナン・ブランはアルコール度数が上がらず、セレクション・グラン・ノーブルを造ることが出来なかった。
だから、フイユ・ドールとコトー・デュ・レイヨン・パスリエ(貴腐のつかない段階で収穫する)のシュナンを収穫して、残りは結局畑に残ったままだったわ。満足いかないものを収穫して、補糖して、
その他いろんなものを足してまでワインを造るつもりはないわ!でも2012、2013が良くないというわけではなく、こういう年は少し最初閉じ気味になるけれど時間が経つうちに開いてくるよ」。

その通り、酸がいくぶん強い2013年はだんだんと柔らかくなってきています。

Anjou Le Roc 2014
今年5月に瓶詰、柔らかくフルーティーな果実味。いやらしさのない心地よいカベルネ・フランの青みのある香り。2012年のロックを凝縮したような優しさのあるスタイル。

Anjou Montee de l’Epine 2014
同じく今年5月の瓶詰。心地よいミディアムボディ、ピュアなフルーツの甘さが感じられる見事な出来栄え。

赤ワインは100%除梗し低温での発酵(最高22度まで)という手法ですが、マセラシオン・カルボニックにも挑戦した時期があったそうです。
「でも茎の青っぽさが出てしまうから、やめたんだ」とフィリップ。「もうほとんどの手法は試したよ、その結果今のやり方にたどり着いたんだよ」

Anjou Feuille d’Or 2013
2013年10月収穫、残糖ゼロ、「2013は酸が強かったのでマロラクティック発酵をしているので少しブリオッシュっぽさが感じられるでしょ」とフィリップ。
醸造と熟成はバリックで1年間、そしてボトル内で半年熟成させ出荷。

Anjou Feuille d’Or 2014
樽からのサンプル、2015年9月の花の日(ビオディナミカレンダー)に瓶詰予定。
すでに2014年らしいフルーティーな柔らかさが感じられ期待大。

★ちなみに、ドゥレヴォーでは新樽は使用していないので醸造と熟成に使用する樽は、ソーテルヌのラ・トゥール・ブランシュのお下がりの樽を購入しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Coteaux du Layon Passerille 2013

Guiberderie+Pavillonの区画の貴腐のついていない段階での遅摘み。ピュアなフルーツ感ときれいな酸、2013年は特に甘酸っぱさが感じられます。
(このキュヴェは通常80-100gの残糖、フレッシュなコトー・デュ・レイヨンとして人気があります)

Coteaux du Layon Le Clos 2011
130gの残糖分、遅摘50%+ボトリティス50%のキュヴェ。バリックで半年間熟成。
このワインを飲みながら、彼らが今年参加した”世界の偉大な甘口ワイン”イベントの話題が上がります。イケムやド・ファルグ、トカイ、アイスワインなど錚々たる
顔ぶれの中でも、ドゥレヴォーのレイヨンはかなり評価が高かったとのことで、レイヨンの良さについて彼らに尋ねたところ「やはりそれは、酸の存在でしょう!」との答え。
「イケムもこのワインと同じ、130gの残糖分があるけれど、圧倒的にこのル・クロの方が酸度は高く、感覚が呼び覚まされる。つまり同じ残糖分があっても、酸がより強いことで
重々しい感じにならないというのが、レイヨンの良さなんだよ!」

ドゥレヴォーのワインを飲んで常に感じるのは、愛情を注いで造られたブドウの純粋な味わいです。そして醸造中のSO2は無添加、自然酵母のみでの醸造を行っています。
ビオディナミの調合剤は、知り合いの有機農家から分けてもらったものを仲間と手作りしているほか、SO2の原料にもこだわっており、火山由来のものを購入しています。
ルネッサンスの仲間とまとめて購入することによって、比較的安く手に入れることができるんだそうです。
(SO2には石油由来の安価なものも使われていると知り、ゾッとしてしまいました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カーヴの隣には、ブドウ畑と同じ調合剤を使い育てられているビオディナミの家庭菜園があります。
沢山の種類のトマトや季節の野菜が健康に育っています。頂いたトマトの素朴な美味しさが記憶にしっかりと刻まれました。

帰り際、カトリーヌはこう呟きました、「地球全体でのビオの面積は、まだ5%にしか満たないの。まだまだビオの比率を上げていく必要が私たちにはあるわ」

ドメーヌ・フィリップ・ドゥレヴォー訪問 2015.7.27 畑の様子

2015/08/28

7月末、ロワール、コトー・デュ・レイヨンとアンジェの生産者、フィリップ・ドゥレヴォーのドメーヌを訪問しました。
7月頭から、連日30度前後の日々が続き、暑さのおかげで病気の被害もなくブドウは順調に成長しています。今後大きな天候の変化がない限り収穫は早くなり、秋の雨の前に収穫することが出来るので好都合だそう。開花時の天候もパーフェクトだった!と嬉しそうなフィリップ・ドゥレヴォー。

奥様のカトリーヌによれば、ビオディナミカレンダーでは前々から2015年の酷暑の予想がされていたのだそう!
「雨は今日みたいに少し降っても、ブドウの喉の渇きを潤すほどにはならない」と嘆く彼女。

高台にあるブドウ畑は早朝から夕方までしっかりと陽が当たり、北側にあるシストの石壁が冷たい北風を遮ります。冬にはこのクロ(石壁)が蓄熱し夜間も熱を放出する大切な役割を果たすのです。この石壁は100年以上も前からここにあるのだそうで、カトリーヌはこの壁が大好きなんだと言います。訪問した日も強い風が吹いていて、カトリーヌがこのリュー・ディ(ラ・エ・ロング / La Haie Long)について説明してくれます。「このあたりは昔から風の強い場所で住民たちは風よけのために植物を植えたので、”長い生垣”という名前が付いているの」
そして壁づたいに食用のブドウや洋梨、桑の実、マルメロ、ノワゼットなど様々な植物が育てられています。ここへやってくる鳥のためにプリュネル(リンボク)も育てています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は植えられてまだ間もない、若木のカベルネ・ソーヴィニョンが元々シュナン・ブランが植えられていた場所(Clos du Pavillon)ですくすくと成長していました。土を柔らかく保つため、若木の周りはしっかりと耕されています。中にはゴロゴロとした石が多くある場所もありますが、そんな中でもしっかりと根を張っています。このカベルネ・ソーヴィニョンはいずれモンテ・ド・レピーヌにブレンドされる予定です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近くには大昔、火山だった場所があります。そしてここはやはりはるか昔に池のような場所だった時期がありました。
ドゥレヴォーの畑には、このテロワールのかつての様子を語る色々な石が転がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


1.Phtanite…古い昔の小エビなどが堆積岩となったものだそう・・・
2.Spilite…ミネラルを多く含んだ石のようです
3.Schiste Brioverien…何億年も前のシスト・・・
4.Quartz…石英
5.Schiste Carbonifere (Schistes Ardoisier)…石炭を含むシスト(スレート状シスト)
6.Schiste Greseux (Micaschiste)…砂岩質のシスト(雲母片岩)
7.Charbon…石炭
8.Poudingues…プーダング(以前の訪問レポートをご参考ください)

色々な石を、サンプルでいただいてきました。フィリップはとても鉱物に詳しく、尋ねてみると昔親戚を訪れてアルプスによく行っていたときに石が大好きになって勉強していたのだそうです。

フイユ・ドール(シュナン・ブラン、ドメーヌの唯一の辛口白ワイン)の区画では、今年からロニャージュ(摘心)する畝としない畝を一列ごとに作って実験を行っています。ロニャージュせずに葉を誘因して針金に巻きつけています。
「ブルゴーニュのラルー・ビーズ・ルロワがやっているのと同じ方法、ブドウにより凝縮感を出すためにやってみている。ロニャージュしたブドウと比べどんな違いが出るのか、楽しみ」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここもClos du Pavillonの区画同様、石炭を含んだシスト土壌でとても色の黒い土です。
「6月15日からまとまった雨がないけれど、素晴らしいコンディション。黄色い葉もないし、ブドウはとても健全だよ。なんせ12メートルも根が這っているんだから」
「平均樹齢は30年弱、1株につき大体6つくらいの房が付いている、そんなに多くもないし、少なすぎるわけでもないからちょうど良いかな」

拡大し続けている病気フラヴェサンス・ドレへの対策として、そのウイルスを媒介する虫がいないかをテストする「バグ・キャッチャー」を数か所に設置しています。病気の広がりの深刻さから、公的機関により依頼を受けているのだそうです。
シノンで病気に侵された木が1株見つかったため、ニコラ・ジョリーを筆頭にルネッサンスの仲間で対策を取っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カーヴへ戻る途中、黒い雲の下に向こう岸のサヴィニエールが見えます、「あらら~、サヴィ二エールはいつも雨が降っているよ!こちらよりとっても雨が多い場所なんだよね~、ヴィルジニー・ジョリーにはいつもそんな風に言ってからかうの」
と笑いながら話すカトリーヌ。

シャトー・マルティナ訪問 2015.7.19

2015/08/21

コート・ド・ブールの村は、一面ブドウ畑に覆われたメドックとは対照的で、緩やかな丘、森や木々とブドウ畑が織りなす美しい景色が広がります。パリから移住し1994年からワイン造りを始めたリュシーとステファン・ドーンズ夫妻のドメーヌ、シャトー・マルティナ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マルティナはこの場所のリュー・ディーの名前で、以前の所有者も少量ながら瓶詰めをしていたそうですが、設備の面においては全くと言っていいほど整っていませんでした。それでもテロワールの素晴らしさに惹かれ、この土地を購入した彼ら。
ロワールから南西地方、プロヴァンスに至るまで様々な場所を探し回りこのコート・ド・ブールに決めたのです。

上級キュヴェの新樽100%で仕込んだエピキュリア、プルミエール・コート・ド・ブライのワインなども生産しているのですが、ステファンに会うたびに彼がいつも言うことは、「我々にとって一番大切なのはマルティナ。良いブドウを栽培して、このワインの品質を毎年良いものにしなければならない」ということ。気候が不安定だった2013年は結局生産をあきらめてしまったほどです。

今回の訪問では、2012ヴィンテージの赤と、少量のみしか造られない2014年のコート・ド・ブール・ブランを試飲しました。

・Ch. Martinat Côtes de Bourg Blanc 2014
Sauvignon Blanc 80% , Sauvignon Gris 20%
コート・ド・ブール全体での白用品種の面積はたった25haほどしかないそうですが、徐々にその評判は高まっています。このワインは100%ステンレスタンクで長い発酵期間を経ます。
とても爽やかな風味がありボリューム感もありますが、それをしつこくさせない青草や柑橘類のアロマがありとてもみずみずしい余韻です。

・Ch. Martinat Côtes de Bourg Rouge 2012
品種構成、醸造期間、新樽比率は例年と変わらず、Merlot 80%, Malbec 20% 15ヶ月樽熟成(3分の1新樽、Epicureaに使用する樽業者Nadalieのお下がりの樽に加えErmitage、Marsannayなどの樽)
2012年らしい若々しく濃い色合い。樽の風味がまだしっかりと残っている。柔らかでとても滑らかなアタック、伸びやかな酸を持ついきいきとしたフルーツ感。ほのかなスパイスとみずみずしい余韻が長く続く。
涼しかった2012年は収穫も遅めで、9月末から10月にかけての収穫。
ジロンド川からほど近いコート・ド・ブールは、常にこの川が気候を穏やかにしてくれるのだそうですが、2013年はそれでも思うようなワインにはならなかったそうです。

・Epicurea de Ch. Martinat 2012
Merlot 70%, Malbec 30% 新樽(Nadalie – 個性がはっきり出やすい)100%で18ヶ月間熟成
より黒紫がかった深い色合いでホットなアルコール感と強いタンニン。アルコール度数はマルティナと変わらず13.5%でも、こちらの方がとても強く感じます。
そしてフルーツの凝縮した甘さと酸のバランスが取れており、心地よい余韻です。
しかしこのワインはまだまだ飲みごろになるまでには時間を要しそうです。

試飲をしていて思ったことは、近年のマルティナの洗練されたスタイルがどこから来ているのかということでした。16年間雇っていたオノログを変え、醸造時の温度を上げすぎないようにしたり、ルモンタージュの回数を減らすなど、より穏やかな抽出方法に切り替えています。
栽培面においても、畝に草を生やすことでブドウの根と草の”競争”状態を造り出し、根をより下へと這わせるようにしています。ワインにミネラル感による複雑味が以前にもまして感じられました。

今後のマルティナのスタイルにますます期待をもたずにはいられない訪問となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Borie la Vitarèle ジャン・フランソワさんとの試飲

2013/05/08

JF-Lucas

4月中旬、来日されたボリー・ラ・ヴィタレルのジャン・フランソワ・イザルンさん。日本へはもう既に何度かいらっしゃっているようで、今回はご家族みなさんで日本各地を訪問される前にディスのオフィスにいらしてくださいました。
さっそく、ジャン・フランソワさんと一緒にテイスティング。まずはドメーヌについてのお話を・・・
「私はラングドック生まれのラングドック育ちで、私の祖父、妻の父も醸造家という、ワインにかかわりのある家で育ち、ラングドックでも優れたワインができると言うことを見せしめたいという思いで、1990年にドメーヌを初めました。
ドメーヌの哲学ですが、まず第一に優れたワインを造るということ。それはつまりテロワールのワインを造るということ。テロワールを思い起こさせるようなワインを造ることです。したがって私たちがとった手法はビオディナミ。これによって土壌が活性化し、出来上がったワインから答えを得ることができるんです。醸造の時にも、あまり手を出さずに自然に任せます。ワインのなかに感じられるミネラル分、そしてフレッシュ感、これはビオディナミの証です」。
「所有する60ヘクタールの広大な敷地に20ヘクタールのブドウ畑を所有しています。畑は自然豊かな森に囲まれていて、様々な植物や動物がいます。このおかげで私たちのバラエティーに富んだワインができ、かつそれらは大変バランスが良いのです。また、森があるおかげで、他の生産者が使用した農薬や化学物質が畑に流れ込んで来ることがありません。この森を開拓してワイン畑にすることは考えていません、ずっとこの環境を保ちつつワインを造っていくつもりです」。

今回ディスが販売を始めたのは、彼の4種類のワインです。ジャン・フランソワさんのコメントを聞きながらテイスティングしました。

- IGP Pays d’Hérault Coteaux de Murviel La Cuvée des Cigales 2012
石灰質土壌で育ったメルロとグルナッシュ50%ずつのブレンド。醸造後、コンクリートタンクで約1年熟成。
メルロが入っているので、AOCではなくヴァンドペイのカテゴリーになります。「ラベルのセミの絵は、「ラ・フォンテーヌ寓話集」に出てくるセミとアリの話にヒントを得ました。物語の中でセミは夏の間毎日パーティーをしたり歌を歌ったりして暮らしているので、そんなイメージ感じで仲間や家族と楽しく飲んでもらいたいと思いこの名前を付けました。このワインにはほとんどタンニンが感じられず、とても香りがよくフルーティーで柔らか、穏やかな酸とミネラルのフレッシュな印象で、ロゼを飲んでいるかのような爽やかさがあります」

- Saint-Chinian Les Terres Blanches 2011
樹齢10-30年のグルナッシュとシラーを半々ずつ、コンクリートタンクで約1年間熟成させたワイン。
「このワインは、まさにテール・ブランシュ(白い大地)、つまり白い石灰質土壌で育ったブドウを使用しています。私の造るワインは、それぞれそのワインが育まれるテロワールに基づき名前を付けています。このワインは、シガルに比べ少ししっかりしてタンニンもあります。この2011年ヴィンテージは今ちょうど飲みごろになったところ。とても柔らかくなっています。このワインも早くからフレッシュなフルーツのみずみずしさを楽しめるワインです」

- Saint-Chinian La Combe 2011
カベルネ・ソーヴィニョン70%とシラー30%のブレンド
「La Combeはフランス語で谷間という意味です。Terres Blanchesと同じ石灰質土壌ですが、Terres Blancehsが日当たりの良い丘にある一方このキュヴェは涼しい谷間に位置しています。キュヴェのベースになっているカベルネはアロマティックなフレッシュ感や快活さ、構造の豊かさをもたらし、そこにシラーの柔らかさと滑らかさを加えています」

- Saint-Chinian Les Crès 2011 
シラー60%とムールヴェードル40%
「このワインの生まれるテロワールはとても特別です。というのは、この種類の土壌でー(いち)ドメーヌとしてワインを造っているのは、サンシニアンで私だけだからです。土壌は丸い小石に覆われた砂地の土壌で、この小石はかつて100万年前に流れていた川の底にあったもの。まさにシャトーヌフと同じ土壌で、ブドウ栽培にはとても適した土壌です。砂地の部分は地中奥深く10-12メートルの深さがあり、ブドウは水を求めて深くまで根をおろすことができ乾燥から守られます。また小石の部分は日中の暑さを夜間まで保つことができるため、ブドウは早くから成熟することができ、凝縮感や力強さ、構造のしっかりしたタンニンが生まれます。また、かつて川が流れていた時その流れに乗って、ところどころに小石などの堆積物からなる小さな島ができました。そしてそれが今まで残っているのが、この私のブドウ畑です。他にもそういった場所はありますが、ドメーヌとしてワイン造りをしているのは私だけで、あとは全て協同組合の畑になってしまっています」

ブドウ品種の個性を含め、すべてのキュヴェがそれぞれ独自の個性をしっかりと持っていて、興味深い比較を見ることができました。
そして、彼のワインには得も言えぬ温かみとエネルギーが感じられ、口に含むたびに、広大な森の中で元気に育つブドウ、そして柔らかな土や熱を持った石、彼らがブドウ畑で働く姿・・など様々なイメージが浮かんできます。これこそが「テロワールのワイン」なんだな・・・。
彼のプロジェクトや多くの趣味、などなど、まだまだ書き足りないのですが、またの機会に詳しくお伝えしたいと思います。