Domaine de Gour de Chaulè  (Gigondas)

ドメーヌ ド グール ド ショレ

Domaine de Gour de Chaulè Domaine de Gour de Chaulè Domaine de Gour de Chaulè

女性が守り続けるドメーヌ
ジゴンダスの村の入り口にひっそりと佇むドメーヌ・グール・ド・ショレの現オーナーはステファニー・フモゾ。ここは彼女の曾祖父、ウジェーヌ・ボンフィスが1900年に始めたドメーヌです。ここではかつてブドウとオリーヴの両方が栽培されていましたが、それから数世代にわたってブドウ畑に変えられていきました。1970年、ステファニーの祖母ロランド・ボーメが苦労の末グール・ド・ショレを軌道に乗せ女性ドメーヌとしてその名を知られるようになり、1985年に娘のアリーヌ・ボンフィスがドメーヌのさらなる発展・近代化を果たしました。彼女は1990年ジゴンダスで初めてブドウ畑に草を生やし自然との共生の取り組みを始め、減農薬農法に取り組んだ人物でもあります。

そして1997年からこのドメーヌを経営するのが、アリーヌの娘のステファニーです。母アリーヌの言葉”グール・ド・ショレの女性栽培家たちにおいては、テロワールの精神とアぺラシオンの特徴を有することが新たな流行に打ち勝つのだ”という言葉通り、テロワールの個性と本来のジゴンダスらしさ、そして徹底した品質を常に追求し続けています。

所有する畑は全体で10ヘクタール、それぞれテロワールや日当たりが異なる区画(ほとんどが粘土砂質の斜面に広がる)が23にもおよびます。これがグール・ド・ショレのワインに、多種の魅惑的なアロマと奥行きをもたらしているのです。平均樹齢は55年で、一番古い区画のものはステファニーの祖父ウジェーヌによって植えられた、100年以上の木です。

代々のオーナーにとってグルナッシュという品種はジゴンダスのハートであり魂でした。現在グルナッシュは所有する畑の85%に植えられていますが、いくつかの区画にはシラーやムールヴェードルがあり、サンソーはロゼ用に植えられています。収穫に際しては何度もブドウの成熟度をチェックし、果皮、果梗、そして種がしっかりと熟すのをぎりぎりまで見極め収穫します。

醸造と熟成
ウジェーヌ・ボンフィスが建てた100年前のカーヴで醸造が行われます。手摘みで収穫、選別を厳しく行い除梗はしません。温度管理機能の付いたコンクリートタンクでマセラシオン、アルコール発酵。天然酵母のみを使用し、朝と夜こまめにチェックを繰り返します。発酵は3週間にわたり、ルモンタージュとデレスタージュ(発酵中に液体の部分のみを数時間他のタンクに移し、残った果皮や種がその間空気に触れることにより色素やタンニンがより抽出されるようにする作業)、テイスティングを繰り返します。

その後別の樽に移し替え、マロラクティック発酵と澱引きを終え初めてアッサンブラージュされます。熟成はフードルと呼ばれる大樽で12ヶ月間、そしてその後再び12ヶ月間今度はタンクで熟成を経て、瓶詰されます(清澄なし、ノンフィルター)。グール・ド・ショレでは新樽は使用しません。昨今の風潮に触れ、彼女はジゴンダスらしさを表現するためにも強すぎる新樽は必要でないと言い切ります。

Gigondas Cuvée Tradition
ジゴンダス キュヴェ トラディション

gigondas

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール80% シラー10% ムールヴェードル10%
インターナショナル・ワイン・セラー 91-93/100(ミレジム2009)
“深いルビー色。赤いフルーツやダークベリーのジャムのような芳香高い香り、お香やアジアのスパイス、スモーキーなアンダートーン。完熟したブラックラズベリー、スグリの濃厚な味わいで強いミネラル感が全体を支えている。余韻が長く、果汁感豊かなワインで大変に口当たりが良く円やか、魅惑的な花の香りに溢れている。”
- インターナショナル・ワイン・セラー
【2014】
霜による大きな被害を受けた2012年、晩熟で花ぶるいにより著しく収穫量が減った2013年に続く2014年。雨が多く、暖かな冬と春のおかげで開花が早く進みました。6月の初めに暑くなったものの、6月の終わりからは雨と雷に見舞われるようになり、9月の収穫まで不安定な天候が続きました。そのため、畑では多くの作業が必要になり、銅と硫黄によるベト病、ウドンコ病の対策も欠かすことができませんでした。春に一生懸命行った芽かきと夏の間の除葉の作業のおかげで健全なブドウを収穫することができたのです。
収穫は9月22日から10月3日にかけて行われ、ミストラルが畑を吹き抜けブドウの湿気を飛ばしてくれたことが大きな助けとなり無事に終了。醸造は例年通り、除梗は殆ど行わず全ての品種を混ぜて醸造、果梗の部分がこのヴィンテージならではの味わいのアクセントとなり複雑味をもたらすと判断しました。2012、2013年よりも収穫量は増えたものの高樹齢の木が多いため収量は32hl/haにとどまったものの、その分凝縮度が高く奥行きのある味わいになっています。丁子やアジアンスパイス、ドライブルーベリーの凝縮したアロマ、ジゴンダスらしくタンニンは多めですが大変質の良いきめ細かさがあり脂質のしっかりしたお料理と楽しむべきワインです。

ジャンシス・ロビンソン 16/20

Vallée du Rhône ページに戻る