Domaine Etienne Simonis  (Ammerschwihr)

ドメーヌ エティエンヌ シモニス

Domaine Etienne Simonis Domaine Etienne Simonis Domaine Etienne Simonis

生産者
2017年1月、ビオワインの展示会ミレジム・ビオで初めて出会ったカティアとエティエンヌのドメーヌ・シモニス。アルザスの若手ホープとして多くの生産者から期待されるドメーヌです。コルマールの北、アメルシュヴィール村(Ammerschiwihr)で17世紀からブドウ栽培を行ってきた家系で現在7ヘクタールの畑を所有、2011年にビオディナミに認定されました。アメルシュヴィールと言えば2007年に正式に認定された最新のアルザス・グラン・クリュ、ケッフェルコフが代表的な畑で、多くのワイン評論家も高く評価するグラン・クリュです。
3代目のエティエンヌは1996年、20歳の時に父ルネからドメーヌを受け継ぎビオディナミを試験的に取り入れた品質重視のワイン造りをスタート。この農法に興味を持ったきっかけは、彼が17歳の頃。ボーヌの学校で知り合ったドメーヌ・ルフレーヴの従業員の息子と知り合い、彼の自宅に行ってビオディナミが実際どんなものなのか見せてもらったこと。父がやっていたような農薬や除草剤を使う従来型の農法に疑問を持ち続けていたエティエンヌには衝撃的な出会いだったのです。そしてビオディナミのコンサルタントとして世界的に引っ張りだこのピエール・マッソンから直接指導を受けました。「ブドウ栽培者というより“農民”のように生きたいと思っていた。それを可能にするのはビオロジックではなくビオディナミという選択肢だった」と話します。

テロワール・畑
ヴォージュ山脈の裾野にあるアメルシュヴィール。山脈が西からの雨雲を遮るため年間550ミリとアルザスでも特に雨が少なく暑い場所、ブドウがしっかりと熟すことができます。7.23ヘクタールの畑の大半はアメルシュヴィール特有の花崗岩質の地質。シモニスの畑はケッフェルコフなど丘にある区画を除き、ほとんどがヴァイス渓谷の扇状地にある砂利質の土壌です。平均樹齢は約40年と高めで、古いものでは60年にもなります。畑での仕事は他のビオディナミのドメーヌとほとんど変わらぬ手法を取り、トクサやイラクサ、スギナ、調合剤500番と501番を使用します。2010年以降、樹液のスムースな流れ方を追求しブドウの生命力を高めるプーサール型の剪定方法を採用。これはブドウの木を死に追いやる病気レスカへの対策としても取り入れられるようになっています。

ワイン造り
カーヴには1950年から使用するアルザス伝統のフードル(大樽)、ステンレスタンクと228Lのオーク樽があり新樽は使用しません。基本的にフードルはシルヴァネール、ピノ・ブラン、ピノ・グリに使用し、純粋な果実感を生かすためリースリング、ゲヴュルツトラミネールにはステンレスタンクを用います。醸造は天然酵母のみ、ごくわずかな量の亜硫酸を用い自然に醸造、熟成を進めその間添加物を加えることも、補糖もしません。所有畑の一つ一つが小さいためそれぞれのキュヴェの生産量はごくわずか、近年のアルザスもほかの地域同様、収穫量の減少に悩まされてきましたが、2016年はそれでもまだある程度の収穫量が確保できた年。雨の多い春でベト病の被害もありましたが後半の天候に恵まれブドウの成熟をじっくりと待ちました。エティエンヌは他の生産者に比べてより成熟を待って収穫しますが、2016年は2015年に比べ一般的に残糖分が少なめでドライ、アロマの豊かさがしっかりと感じられる秀逸なヴィンテージとなりました。

所有畑はアメルシュヴィールの村を中心にその付近のベンヴィール、カイゼルスベルグ、シゴルスハイム村にあります。フラッグシップはグラン・クリュ・ケッフェルコフですがその他に同じくグラン・クリュ・マルクラン、そしてクロ・デ・シャ、ヴォーゲルガルテンのリュー・ディがテロワールを強く打ち出したワインです。

Crémant d'Alsace Brut
クレマン ダルザス ブリュット

Crémant d'Alsace Brut

画像クリックで拡大

ピノ・ブラン50% オーセロワ40% リースリング10%
私たちが興味を持ったものの一つがこの高品質なクレマン。アメルシュヴィール村の花崗岩質土壌の0.75ヘクタール。リットルあたり1グラムとわずかなドザージュで造ったブリュットのクレマンは樽で醸造を経て瓶詰、その後24ヶ月熟成を経たもの(クレマン・ダルザスの法定熟成期間は9か月)。香ばしく力強い香り、酸味と塩気の味わいの骨格がしっかりとしており、長期熟成ならではのふくよかでしっかりとうまみが感じられる充実した味わいが特徴です。

Alsace Sylvaner Vieilles Vignes
アルザス シルヴァネール ヴィエイユ ヴィーニュ

Alsace Sylvaner Vieilles Vignes

画像クリックで拡大

シルヴァネール100%
砂礫質に育つ樹齢40-55年の高樹齢のシルヴァネールは70年のフードルで醸造、熟成、2017年春に瓶詰。残糖10g/L。清涼感のある柑橘類のアロマ、優しい口当たりでほのかに旨みを感じさせる味わいです。フードルで熟成させることで凝縮度の高いヴィエイユ・ヴィーニュのシルヴァネールにさらに厚みが加わっています。

Alsace Pinot Blanc Vieilles Vignes
アルザス ピノ・ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ

Alsace Pinot Blanc Vieilles Vignes

画像クリックで拡大

オーセロワ80% ピノ・ブラン20%
花崗岩質土壌の樹齢50年を超える区画。ピノ・ブランには通常オーセロワがブレンドされます(法律ではそのほかピノ・グリ、そして白ワインに醸造したピノ・ノワールもブレンド可)。白桃、花の蜜、シャンピニオンを思わせる複雑性なアロマ。シルヴァネールよりも力強くオーセロワの厚みのあるボディとフレッシュ感を添えるピノ・ブランのバランスよい仕上がりです。残糖1.8g/L。

Alsace Riesling
アルザス リースリング

Alsace Riesling

画像クリックで拡大

リースリング100%
花崗岩質土壌の樹齢25-30年のリースリング。樽で醸造、熟成し2017年春に瓶詰。残糖2.9g/L。熟したリンゴ、花の蜜、白い花のニュアンス、丸みのある優しい印象のリースリング。このヴィンテージらしい辛口で鉱物的な香りを伴うアロマの伸びが際立っています。

Alsace Riesling Grand Cru Kaefferkopf
アルザス リースリング グラン クリュ ケッフェルコフ

Alsace Riesling Grand Cru Kaefferkopf

画像クリックで拡大

リースリング100%
シモニスでは3つの畑からリースリングとゲヴュルツトラミネールを僅かに生産。花崗岩質の東向きの1ヘクタールにも満たない畑はヴォージュ山脈からの冷たい風が遮られブドウが早く熟します。樹齢25-30年のリースリングは樽で醸造し、2017年の春に瓶詰。残糖9.4g/L。りんごの熟したニュアンス、深みのある花の蜜やミネラリーなアロマ。酸味と果実感の程よいコントラストを楽しむことができる辛口。リースリングの厚みと花崗岩がもたらす鉱物的なニュアンスはまさにグラン・クリュの味わいです。
グラン・クリュ・ケッフェルコフ 2007年に51個目となる最新のアルザス・グラン・クリュとして認定されたケッフェルコフはその優れたテロワールで古くから名の知れた有名畑でしたが1932年に境界線が定められています。その後も様々な理由から認定には至りませんでした。ゲヴュルツトラミネール、リースリング、ピノ・グリのブレンドが可能ですが、シモニスではブレンドワインは造っておらず、ゲヴュルツトラミネール、リースリングから3つのキュヴェを造っています。花崗岩主体の地質ですが場所によってそこに石灰や砂岩、粘土、青い泥灰土が混じり合っています。

Alsace Pinot Noir
アルザス ピノ ノワール

Alsace Pinot Noir

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
花崗岩質土壌のピノ・ノワール。7割は全房発酵、3割は除梗しステンレスタンクで10ヶ月間の醸造、熟成期間を経て瓶詰。ステンレスタンクで造ったピュアで素朴な赤いフルーツいっぱいのピノ・ノワール。熟した果実感と比較的しっかりとした収斂性。

Alsace ページに戻る