ホームページリニューアル中です
ホームページリニューアル中です
カート 0
Domaine de la Rectorie Collioure Blanc l'Argile 2019

Domaine de la Rectorie Collioure Blanc l'Argile 2019

ドメーヌ・ド・ラ・レクトリー コリウール・ブラン・ラルジル


染入るようなミネラルの旨みとコクが贅沢な一時を作ります

生産者情報

マルクとティエリー・パルセの兄弟率いるドメーヌ・ド・ラ・レクトリーはバニュルスとコリウールの頂点に立つ生産者として世界的に認知され、今やルシヨンを語るうえで欠かせない生産者です。代々に渡って丹念に育てられてきた高樹齢の木から生み出される低収量のワインは、テロワールの個性がはっきりと表れた個性的なもの。海と山に広がる約30の区画から、むきだしになったシストの痩せた土壌が育むミネラルはワインにピーンとした緊張感と同時に得も言われぬ心地よさを与えてくれます。それはコリウールの赤そして白ワインにとどまらず、酒精強化ワインのバニュルスに至るまで、ブドウの熟度と酸・ミネラルのバランスが完全なまでに保たれ一貫したスタイルが存在し愛好家たちを魅了してやまないのです。

About Wine

1993年ティエリーとマルクは高樹齢の区画から白ワインの生産を始めました。ラルジル(粘土)という名前は彼らが白ワインの醸造を始めた最初の区画の名前です。赤ワイン用のブドウよりも1~2週間早い8月中旬に収穫し、バランスの良い酸と糖度がのっている段階で収穫をすることで素晴らしいワインが誕生したのです(その後2002年にコリウール白のアペラシオンが誕生)。地中海のほど近くに植えられたブドウは驚くほどの爽やかさを、そして少し内陸の山側のブドウは奥深いミネラルをワインにもたらすのです。白い花や白いフルーツの濃厚なアロマと心地よいフルーツのトロリとした口当たり。染入るようなミネラルの旨みとコク、余韻には得も言われぬ心地よいほろ苦さが感じられます。

栽培・醸造

プレス後、低温で澱を一晩沈めた後に樽へ移しバトナージュを行いながらアルコール発酵。その後12月まで週1回バトナージュ。瓶詰めは3月に行われます。

ぶどう品種 グルナッシュ・グリ90% グルナッシュ・ブラン10%
サイズ 750ML
タイプ 白ワイン
生産者 Domaine de la Rectorieドメーヌ・ド・ラ・レクトリー
生産地域 LANGUEDOC ROUSSILLONラングドック・ルシヨン