ホームページリニューアル中です
ホームページリニューアル中です
カート 0
Preignes Tradition IGP Pays d'Oc Cabernet Sauvignon

Preignes le Vieux Preignes Tradition IGP Pays d'Oc Cabernet Sauvignon 2019

プレーニュ・ル・ヴィユ プレーニュ・トラディション・IGP・ペイ・ドック・カベルネ・ソーヴィニョン


ブルーベリーなど黒系フルーツにほのかに樽由来のバニラの風味

生産者情報

ベジエとアグド岬の間、地中海からほど近いヴィアス南西にあるプレーニュ・ル・ヴィユ。この地でのワイン造りの歴史は2千年以上も前にさかのぼりますが、1905年ロベール・ヴィクがワイン造りをスタートし、今では5代目のジェロームとオレリー・ヴィク夫妻が先代からの思いを受け継ぎ250ヘクタールの広大な畑とこのドメーヌのシンボルでもある古城を守り続けています。2006年にはQualenviという独立系ヴィニュロンにより組織されたリュット・レゾネの認証を取得。大昔に存在した火山に由来する玄武岩と火山灰からなる理想的な土壌で育まれた軽やかで親しみやすいワインを安全に、かつ美味しく味わってほしいと夫妻は語ります。

About Wine

深いルビーの色合いで、樽に由来するバニラのような香りとスパイスの風味があり、品種らしい引き締まった果実味とタンニンの骨格が豊かで心地よくワインに溶け込んでいます。カンゾウを思わせるスパイスの長い余韻です。南仏らしい優しさと丸みを持ったカベルネ・ソーヴィニョン。

栽培・醸造

青っぽさが味わいに出ないよう、完全に除梗。ゆっくりと時間をかけて醸造することで香りはもちろん骨格の豊かさが引き出されています。その後、40%は樽で8ヶ月熟成、残りはタンクで熟成を経てブレンド。

ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニョン100%
サイズ 750ML
タイプ 赤ワイン
生産者 Preignes le Vieuxプレーニュ・ル・ヴィユ
生産地域 LANGUEDOC ROUSSILLONラングドック・ルシヨン